最近の記事

2009年05月22日

トルコ旅行 4日目パムッカレ石灰棚

パムッカレ 
石灰棚 ヒエラポリス
 

2009.05.14(木)
石灰棚中心に掲載します。

今日の予定
パムッカレ→コンヤ(コンヤへ410km、約5時間半)

メブラーナ博物館は別に掲載しますね。

7:30ホテル出発
7:45パムッカレ 石灰棚 ヒエラポリス
パムッカレとはトルコ語で「綿の城」の意味。
石灰棚の温泉が広がる景観を楽しめます。
魅惑的な美しさに、心奪われます。

石灰棚はカルシウムと二酸化炭素を含んだ温泉が地表を流れ落ち、そのときに石灰質のみが残る。それが真っ白な石灰棚となった。石灰棚には一部、観光用にはだしで入れる部分があります。
タオルや靴袋を持っていくと温泉が楽しめる。

石灰棚を望む丘の上にペルガモン王国やローマ時代の遺跡も鑑賞できる。
ヒエラポリスとはペルガモン王国がこの街を征服したときにつけた名前。


■少し前はホテルももっとあり、ごみできたなかった。
■保存のため、入れる所が限られています。
 石灰棚、どんどん下に下りていけるが、NGで監視のガードマンに
 笛をふかれ、あがってくるまで監視される。よごさないで!美しい石灰棚☆
■石灰棚の足湯に入りました。
■アポロン神殿・ローマ風呂・門など見学。
■パムッカレテルマレプールの底には遺跡が沈んでいます。
■アーチ形門の細かいところは、キーストーン壊さなければ崩れない。
■石灰棚の上のほうにはヒエラポリスや劇場もあるが、そこまでは足は運ばなかった。

途中の車窓
■パムッカレ周辺はテキスタイルなど産業都市発達。
■大きな湖→カセイソーダ取り出し洗剤会社に売っている。
■6月頃にライ麦畑が一面金色に輝く。

★詳細画像はこちらから★


パムッカレ概要図は詳細画像でみてね!
遺跡
石灰棚の周囲に遺跡
花も綺麗

石灰棚へ

石灰棚のところの座れる板に腰をおろして足湯に入りました。
浅く、くるぶしまで温水はない。溝などのところは足首まで入れます。
足湯に入る人でにぎわっています。


IMG_6143-4日目パムッカレ石灰棚Gs.JPG

IMG_6145-4日目パムッカレ石灰棚Gs.JPG

手前は色がついて汚れている


IMG_6196-4日目パムッカレ石灰棚Gs.JPG

はるかかなたの山に雪が積もっています。


足湯にはいりました。

いくら眺めてもいいなー自然の偉大さ、大好きです!

パムッカレテルマルプールに遺跡が沈んでいます。柱
全体は広い公園のようになっています。

ゲート付近まで広いです。
次にいきま〜す。

車窓からみた眺めもいいですよ。
ちょっとお疲れ顔ですかね〜; そんな感じです。


11:05〜11:25ディナール休憩

昼食以降は次にメブラーナ博物館で紹介しますね。


参考資料:阪急交通社 太田亮さんメモ

★詳細画像はこちらから★




posted by hirokatoshiko at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | トルコ周遊8日間の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク サプライズプレゼント.fufu