最近の記事

2009年05月25日

トルコ旅行 6日目ブルーモスク

2009.05.16(土)

イスタンブール

トルコのクライマックス、アジアとヨーロッパの十字路イスタンブール観光です。
そして明日、クルージングして、その後モスクワ経由で日本に帰ります。

イスタンブール「ハイダルパシャ駅」アジア側
スーツケースを引いて、バスに向かいます。
ドライバーゼケさんお迎え・・よろしくお願いいたします。

今日の予定
イスタンブール
ハイダルパシャ駅→ブルーモスク→アヤ・ソフィア→トプカプ宮殿→
グランドバザール→ホテル「グランドジェバヒル」5つ星ホテル

ここではブルーモスクだけ、紹介しますね。

08:00出発
VIPバスだよーん

車中からのイスタンブール・・茶の屋根と緑の景観


■5/19 アタチュルク記念日
 独立戦争始まった日、街はお祝いの準備。
 
■ミナレット(塔)はモスクの位置がわかるように、オスマン時代、1本より多いミナレット。
■ミナレットあるところはスルタン・その家族・高官などが寄贈したもの。
■ガラタサライ→イスタンブールのサッカーチーム
■夕日に映える牛の角のような形 Goldan Horn

8:55〜9:40ブルーモスク
正式にはスルタン・アフメット・ジャミイ)
高さ43m 直径23.5mの巨大ドームの周囲に6本のものミナレット(尖塔)を持つイスラム教寺院。

トルコ帝国が栄華を誇った17世紀初め、スルタン・アフメットによって建てられた。
内部装飾に使われているイズニック産のブルータイルが美しく、ヨーロッパ人からいつからか「ブルーモスク」と呼ばれるようになった。

■タイルが1枚15万ドルで売られた。
 子羊の血を混ぜて色を出し、現在再現できない。
■「金(アルトゥン)のミナレットを作れ」→お金がなかったので
 「6本のアルトゥンミナレットを作れ」と聞き間違えた振りをしたという逸話がある。
■緑→イスラム教で天国の象徴
■月→宇宙を表す

★詳細画像はこちらから★

ブルーモスク
IMG_6675-6日目イスタンブールブルーモスク2009.05.16.sJPG.jpg



IMG_6707-6日目イスタンブールブルーモスクGs.JPG



内部天井や柱が超美しい。
IMG_6737-6日目イスタンブールブルーモスクGs.JPG


この後はアヤ・ソフィアです。

参考資料:阪急交通社添乗員太田亮さんメモ

★詳細画像はこちらから★
posted by hirokatoshiko at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | トルコ周遊8日間の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク サプライズプレゼント.fufu