最近の記事

2010年05月30日

葛城北の丸 まほろば

葛城 北の丸 まほろば 
宝飾プレステージ 
葛城北の丸 お食事



葛城北の丸で11時半〜20時半まで、ゆっくり楽しんだ。
朝、H:45にお迎えにきていただき、ゆっくり葛城 北の丸に入った。

今回の葛城北の丸展の中で、際立っていたのは宝石の「伝統美」・・なかでもシルクロードの何百、何千年後の後世の人の手の中で、自らの作品が見つめられていたらしあわせ」と酒井公男氏が語る作品。唐草模様の彫金がすばらしく、情熱の赤が際立つ。情熱の花のようだった。

そのネックレスに魅了され、心ときめく。
最終的にはデザインが良かったおおぶりのものでは勝気すぎていたことと、石がルビーでなかったので、組み合わせを変えて、ルビー2連に唐草の彫金、筒状になって中央にダイヤが線のように1周しているものをペンダントトップとして手に入れた。

ルビーの石が連なったネックレスは40cmと42cmでくみあわせてあり、豪華なものだった。
上品で華やかなのに、落ち着く肌になじむ感とゴールドの唐草の彫金が繊細な雰囲気と豪華さをかもし出している。超、気に入りました。


今年平城京遷都1300年を迎える奈良を意識した今回のプレステージは大変よかったです。

まほろば

「ひさかたの 光満ちたる まほろばに 善きよろこびが いま盛りなり」


では、お食事です★
まほろば、平城京を意識した今回の食事とお菓子は、豪華で堪能できた。
特にお食事のよさは、葛城 北の丸ならではのものであった。
いつもおいしいが今日は格別であった。

では先ず、今日のお茶菓子から紹介しよう。
奈良三輪山近くに本店を構える天平庵・・万葉スタイルの菓子。

詳細画像はこちらから


お食事です。
白ワインを食事のともにした。

山の辺の道 3種盛り
飛鳥豆腐 天女魚香味燻し 煮凝り

熟成の味
沖鰹溜り漬け、鯛
DSC04861s.JPG
塩こぶを細く切ったものと鯛の相性はいい。
鮮度が味わえるお造りに風味が加わった一品

遠い浪漫の香り
鮮魚乾酪味噌仕立て

チーズが加わった味噌仕立てはまろやかで、味噌の濃い味はなく
美味であった。

連なって咲く躑躅紅 いにしえの香り漂う葛城の山・・
お献立に一筆あり。


文明の夜明け
牛繊肉若草焼き
DSC04866s.JPG
クレソンにポテトチップ、野菜のおひたしも脇役をこなす。
若草焼き・・若草も美味・・タレも癖がなくこびもなく、舌をうならせる


万葉の想い
古代米大和芋燻し 吉野葛餡 奈良漬 お吸い物
おいしい食事だ・・

 
まほろばの里

季節の果物 黒糖蕨羹
器もきれい


葛城北の丸膳部 大石肇 富樫敬一

花も美しく、庭のみどりも鮮やかに 豊なときを過ごす!

薬師寺僧侶の法話も聞けました。
薬師寺執事 生駒基達さんのまほろば法話
豊に生きるための法話
薬師寺東塔が開門され、中が見られる。10月まで!
解体して、2030年だったか修復再築されるとのこと。

平城京遷都1300年に向け人気の高い仏像。。
やすらぎと幸せがおとずれますように・・とは誰もが願うこと。

詳細画像はこちらから



posted by hirokatoshiko at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 葛城北の丸 お食事美味! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク サプライズプレゼント.fufu