最近の記事

2014年11月28日

The Oyster Bar オイスターバー

2014.11.24に3姉妹でランチ。
今月はThe Oyster Bar(オイスターバー/パルシェ)

残念ながら生牡蠣の入ったランチコースは生牡蠣がなくて食べられませんでした。

パスタをシェアーして食べました。
牡蠣、たっぷり食べたかったです.....

2014-11-24-12-32-13_photom.jpg

2014-11-24-12-36-57_photom.jpg

2014-11-24-12-45-37_photom.jpg

2014-11-24-12-45-58_photom.jpg

2014-11-24-12-46-29_photom.jpg

デザートはとり忘れました。
img1416822729755m.jpg


posted by hirokatoshiko at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 醸し人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

春夏秋冬 醸し人 4月の料理

春夏秋冬 醸し人に2012.04.30(月)祝日に
娘のhiroちゃんと2人で、久しぶりに行って来ました。

愛犬がさびしがりやなので、どこにもついていく犬なのすが、食事どころはNGだし、
DADは明日ゴルフででかけるし、ジュエル/ペット トイプードルとお留守番です。

ゴールデンウィーク、mom.はどこにも出かけないので、
おいしいものぐらい食べに行かないとがきっかけです。

昨年の11月だったかな、そのときは、友人こんやんと春夏秋冬 醸し人に出かけたので、
半年振です。

全国の方がブログを見てくれるので、「静岡に来たときに行ってみたいお店です。」と
コメントをくれる方が増えています。

おいしいお店なので、是非楽しんでほしいです★

料理紹介です★
画像はフリーペーパーチーム編集長のhiroが撮ってくれました。


P4301826s.JPG5種盛り
豪華です。

左下:ほたるいかとキュウリ・若布の酢の物
右下:あぶったすずめイカとくらげ
左上:生シラス
右上:しめ鯖にグレープフルーツジュレ
中央:ローストビーフ




P4301830s.JPGしめ鯖をUP!
しめ鯖はしっかりしめた鯖にして、
グレープフルーツジュレとの相性が抜群に!

ジュレ作ろう^^







P4301833s.JPGずわいがにの小茶碗

ずわいがにをしっかり感じる風味がいい料理です。

混ぜないで、縦にざっくり、スプーンをいれて
食べるのがコツ

下は茶碗蒸し状態に!

超おいしい。

器も軽くてかわいい^^



P4301834s.JPGお造り
赤身、トロ、タコ、鯛

鯛は3.8kgもある大きな鯛だったそうです。
三保でとれた鯛・・・三保は水深があるので
大きい魚がいるそうな。

ぷりぷり感とふっくら感が、絶妙な甘い鯛でした。

なんといっても鮪のトロ・・うまっ!!

このお造りのお皿を、氷水に漬けて冷やして
あるのがすごい心使い。

P4301841s.JPG富士きんか豚
塩麹に漬けてありました。

塩麹は半日つければ充分で、これ以上漬けると
おいしい豚の味が消えて麹一色になってしまうので
このタイミングが大事だそうです。

肉の下には、人参・きゅうり等とともに
青パパイヤがたっぷり、ダイエットにもいい食材を
豚にあわせて・・・さすが・・

かぼすをかけていただきました。


右隅にあるのは、牛肉の白和え
牛肉がしぐれ煮のような感じで、単調になりがちな
白和えをより引き立てていました。おいしいね〜♪

キャラブキもおいしい。
濃い目に味付けしてあるとのことでしたが、
バランスいいね。

料理は和もできるよとアピール・・・なのだそうです^^
創作料理だから、いろいろ楽しめて、新しい発見がうれしい。

前のたたみ・・・も香ばしい。 

P4301845s.JPG旬野菜がたっぷり

中央の魚は、皮を残す人がいるので
最初からとってあるそうな・・・皮がおいしいのにね。
もったいない。

味付けに葱あぶら??なのかなんかわからないが
魚にかけてあるものが味をうんとひきたてていました。

魚の下には、ごぼうを蒸して醸造酢であえて・・

アスパラもズッキーニもほくほく!
揚げ蒸し野菜にしてあるのかな・・さっぱりしています。

大きな豆・・・大好きです★
我が家もDADに家庭菜園で作ってもらっています。

筍もあらめで煮てありました。
ナスは冷たいマリネかな。

手前のなすにはペースト状のものがトッピングしてありました。
マジュラムのペースト???イタリアンパスタで使うものが混ぜ込んであるそうです。

楽しめる旬野菜料理でした。

P4301848s.JPGお食事はソーメンです。

太いし、照りも氷見うどんみたいだなと・・・でも
氷見うっどんにしては細い。

徳島の半田そうめんで〜す。
腰のあるソーメンで、通常のソーメンは
1分半ゆでるだけですが、このソーメンは
6分茹でてあります。

歯ごたえとのどごしがいいです。

ごま、いいね。
セサミンセサミン!!

汁もGood!!


P4301850s.JPGデザート

とっても大きく切っていただきました。

ガトーショコラ、小豆、レアチーズ、藤枝抹茶で
作られたケーキ

2日目くらいになると材料に一体感がでて
落ち着くそうな・・・超おいしい^^

大人のケーキですが、充分甘いケーキです。

これで、料理は終了です。


料理は5250円です。

烏龍茶を2杯づつと温かいお茶2杯いただき
2人で13000円でした。

ごちそうさまでした。
ゆっくりできました。


車でいったので、お酒はいただきませんでした。
その分、お料理の説明も、それなりに掲載出来たと思います。

細かく説明してくれるのがいいですね。
いつもは、酔っ払いながら聞いているので、忘れてしまうことがほとんどすが、
今回は詳細を少しは掲載できたかな・・


【春夏秋冬 醸し人 情報】

住所 〒420-0032 静岡市葵区両替町2-3-4 STビル1階
静岡・両替町通り沿いにある小料理
電話 054-653-2300
FAX 054-653-2301
営業時間 17:30〜22:00
定休日 不定休
駐車場 なし
客席数 9席(パーティー宴会 5名まで可 
カウンター席4名 座敷席5名
料理 5250円(7品)〜
    7350円、10500円
予約 電話受付
子連れ 不可
アルコール  日本酒 ワイン ビール 焼酎

又行きたいです。
posted by hirokatoshiko at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 醸し人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

春夏秋冬 醸し人 秋の料理

今年2月に行って以来の「春夏秋冬醸し人」でした。
2011.10.22(土)

お料理、最高に美味しいです。
抜粋して紹介しますね。

生ビールを各2杯、赤白ワイン各1本を飲み、
酔っていないつもりだったが、酔ったなあ〜^^

PA220051s.JPG
左上はグレープフルーツのジュレで引き立てています。

一番のお気に入りは右上のたらこを煮たものは格別です。
すごくおいしいと話したら
お仕事していますとマスター」・・自称:両替町のロッシーの一言です。

その通りです。


お造りです。
少量の本当においしいところだけを選んだお刺身です。
PA220053s.JPG
実は何年も行っているのに、これをつける 
お醤油がめちゃめちゃおいしい
ことに初めて気がつきました。

3種類のお醤油を作って、ブレンドしたものだそうです。


これがすごい・・・北海道の本物のししゃも
PA220055s.JPG
ぴかぴかでふっくらとした大きなすばらしいシシャモです。
焼く前の状態です。
スーパーで売っているものはししゃもではないそうです。

焼いたししゃもはほろほろでやわらかくて骨も食べることができます。
PA220057s.JPG
実は、食べるに忙しくて画像を撮り忘れました。

この豚肉は「富士のきんか豚」です。
やわらかい・・・味のいい豚です。
PA220056s.JPG

まいたけが香ばしくて、気に入りました。
すごく大きな舞茸ができるそうですが、これは小さいほうとか・・・
でも美味しかった。 舞茸は梅が島産
PA220060s.JPG
牛肉はいうまでもなく。。

ワインはボトル2本2人で飲みました。
PA220063s.JPG

デザート・・・大分酔っ払ってきました。
PA220067s.JPG


あまりお酒を飲まないで堪能したい料理かもしれない。

クリスマスにはクリスマスケーキ
お正月用にはおせち風オードブルと忙しいそうです。

おいしいでししょうね。
PA220064s.JPG

PA220066s.JPG

かもくの料理とマスター本人はいっています。
創造性のある美味しい料理をいつも期待しています。


お料理は5250円です。
ワイン2本と生ビール各2杯を含めて、2人で25000円でした。

また行きたいです。




追伸
このあとはケントスにいきました。
余談ですが、ちょっとだけ紹介^^

深夜2時過ぎまで、ステージがあるので、最後までいました。
超眠い・・・指定のタクシーがなかなかこなくて・・家について眠ったのは
3時でした。

踊っていますね・・みなさん・・私も踊りました・・
PA220072s.JPG

PA230073s.JPG

では、次回の醸し人まで・・・
posted by hirokatoshiko at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 醸し人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

春夏秋冬 醸し人(2月の料理)

春夏秋冬醸し人、久しぶりに友人と2011.02.26(土)に行って来ました。
店主に何年ぶりと・・・いわれました・・・1年ちょっとぶり;

先週の土曜日の静岡新聞に春夏秋冬醸し人の店主が1面に大きく掲載されたようです。
これはあとで、確認して掲載しますね。

お料理は創作料理そのものでおいしかったです。(ボ〜ノー)
説明を一品ずつしていただきますが、メモしないし、お酒を飲んでいるので
忘れてしまいました。

説明を聞きながら、是非いってみてください。
201102261910000.jpg
店主の動きを見ていると、下ごしらえしたものが多数調理台に出てきます。
これだけの料理をつくるんですから、当然かもしれませんが
カウンターで見ていたら、下ごしらえをきっちり多数手を掛けていることが
分かりました。

絶対、間違いないおいしい料理を提供してくれます。

お造り
鮪おいしかたです。
もちろん、他もおいしい。
201102261928000.jpg

食材にこだわりをもっているところも、見逃せません。
いっぱい個人名の名前を聞きましたが、鈴木さん、長谷川さんとか
でも忘れました。すみません。
201102262002000.jpg
左;真鯛のうろこがふぁわっとしていました。
牛肉に海苔を全体にひろげて・・・肉の甘味が出ていて、おいしい。

どんこ椎茸も美味!
201102262009000.jpg

ワインはこちらをいただきました。
すっきりとした味わいでおいしい。
201102262020000.jpg

201102262021000.jpg

201102262023000.jpg

でました。
野菜尽くしですよ。
どの野菜もこだわりの野菜です。
これはヘルシー・・
ボリュームたっぷりなところもうれしい。
201102262032000.jpg
それぞれに下ごしらえがしてあり、筍やごぼうや赤カブ、
メキャベツなど歯ざわりもいいね。
それに中央にお魚があるのです。
このソースも抜群!



デザートは2.5倍くらい大きく切っていただいたのに
画像を取り忘れました。

食べるほうに気が行ってしまって・・・すまぬ

コース料理は5250円です。
ワイン1本、生ビール4杯、梅酒1杯
posted by hirokatoshiko at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 醸し人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

春夏秋冬 醸し人 冬料理

DSC03775s.JPG
蓮の箸置きがおしゃれ。
店名の書もほのぼの。

前菜
DSC03776s.JPG
しまり過ぎないしめ鯖が美味。いくらがトッピング!

椀物
(スープ・デ・ポワゾン)
椀物仕立てにするために、汁は薄めにしてあるそうです。
DSC03780s.JPG

スープは6時間の手間をかけて・・・
DSC03778s.JPG

かにはセコガニといっていたかな
DSC03779s.JPG

DSC03781s.JPG

お造り
DSC03783s.JPG

きのこづくしですね^^
DSC03784s.JPG

牡蠣がぷりっぷりでたまりません!
DSC03785s.JPG

鶏肉にしっかりついた味が香ばしく、旨い
DSC03786s.JPG

最初はビール1杯だけいただく
泡が絶妙の注ぎ方で。
のどにおいしい。
冬だからだろうか、グラスが冷えていたら
もっとおいしいだろうなと瞬間よぎった。
でもおいしい。
DSC03787s.JPG
ワインは料理にあわせてチョイスしてくれました。
金額は聞かなかったが総額から7000〜8000円くらいのものだと思います。
シャルドネは基本好きではないが、良いワインなのだろう。癖がなく、おいしくいただけた。
DSC03788s.JPG

店のとなりあたりの倉庫に相当数のワインを貯蔵しているとのことで、
ワイン会もやるそうですから、おいしいものを選んでいただけます。

たれがいい感じで、
具の一つのさといものやわらかい食感がほっとする料理です。


DSC03789s.JPG

しらことほたてだったかな・・・クリーム仕立て・・・
DSC03790s.JPG
クリーム仕立て、大好きです。


デザートは「食べることは知っているから」とマスターが、どでかく(大きく)切ってくれました。
多分1/4くらいのサイズが通常ではないだろうか?
thanks★

DSC03791s.JPG
おいしかったです。
友人は1年2ヶ月ぶり、私は1年8ヶ月ぶりの醸し人でした。
何回もでかけようとしましたが、行く機会をのがしていました。
以前、年末は早めに終了でした・・・?
予約入れたら無理でした。
お電話で予約しましょうね。

新しいお店も大好きだからなかなかいけないのですが・・
やはり「春夏秋冬醸し人」の創作料理はおいしい。
是非、寄っていただきたいお店です。

気になるお値段は5250円のコースです。
このコースが5250円ですから・・・うれしいです。


二次会前に青葉通りのイルミネーションを見ました。

DSC03795s.JPG

DSC03792s.JPG

二次会はケントス!8時半〜のライブはほとんど見れなかったですが、
深夜2時までのライブ(最終)まで、いました。
立ち見もいるほどの大盛況でした。
曲がはじまってからは人が多すぎで踊れないし・・

ケントスはかなり前からいっていたが、友人を連れて行ったのは6年前くらいだと思う。
友人はそれから全国はおおげさだがかなりあちこちのケントスにいったそうだし、
自分の結婚式の二次会もここで開催しています。
友人は頻繁にいくようになり、常連客となり店の方ともなじみとなっています。
私は会社の人も店でみかけることも多くなってきた昨今は、
ほとんどでかけなくなっています。
会社の集団心理は店を大繁盛にするほど集まり、
店をつぶすほどの勢いで引くさまがありますからね。

昔はよくでかけていたころは会社の方はだれもいなかったので、好きな空間でした。

30年前、5$がもっと大きくステージもあり、よくでかけたのが楽しかったです。
クラブに娘hiroがいったようですが、私はまだそこにはいっていないですね。

ケントスファン炸裂の友人は、アメリカンな雰囲気を自宅の自室に取り入れ、
ケントス雰囲気をだしています。

家全体はアジアンで統一されていますが、自分の部屋は違和感のない雰囲気で
アメリカンを追求!こだわりをもっているのでおもしろい。
ケントスの額に入っている写真も同じものが飾られていますね。

そこまで、はまってくれて、最初にケントスに友人つれていった私はうれしいです。
大感激してくれたのがなつかしいです。


ケントスはまた紹介しますね。

深夜1時くらいまでは相当数の方がのこっていました。
さすが深夜2時は少ない。
眠気が^^^ZZZZ

次の日、睡眠4時間で起床!
予定をかなりキャンセルしたのに、やること行くところがいっぱい・・・完璧こなして
元気いっぱい、あたらしいことにも挑戦!成功の一歩は踏み出すことから・・・
といっていろんなことをしたがるmomです。

ドラマリアルクローズで「誰と出会うか」が大事と・・・
今年は大切な人も失っていますが、失っても「誰と出会うか」が
大事なのだということは実感です。

1年の締めくくりみたいになっていますが・・・
あーまだまだ、やぼようの裁判の手続きもエコポイントの申し込みも年賀状の印刷も(絵と宛名は確認済み)しなければ、大掃除も新しいSHOPの名前も決めないと、リスティング広告4個の解除もロゴの差し替えもHP更新もtwitterでつぶやくこともまぐまぐ発信もブログも日経値動きもみないと・・やることおおいなー。今日の予定びっちりだよ〜

明日のお弁当の仕込みと夕飯のスープは朝からしているので仕込み終了です・・・少しほっとしています。

長くなりました。

posted by hirokatoshiko at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 醸し人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

春夏秋冬 醸し人

春夏秋冬 醸し人を紹介しますね。

創作料理が楽しめると評判のお店です。
味わい深く、目でも舌でも味わえるおいしい春夏秋冬 醸し人です☆

材料が豊富で吟味され、盛付の雰囲気はうれしくなるほどで、女性に大人気の和食が楽しめるお店です。
男性にも大人気です。
おいしいものを食べたい方には、どんな方でも堪能できます。
一押し、春夏秋冬 醸し人です。
居酒屋とうさんにも進めたいですよ。
たまにはおいしい創作料理をたべろよって!

日本酒や焼酎やワインも豊富で、体格のよいソムリエの主人(マスター)が、ワインや焼酎、日本酒をセレクトしてくれます。

見失うほどの「小路」にありますが、是非いってほしいお店です。
私が思う三ツ星ですよ。☆☆☆

奥様でしょうか?
店に入るとでてきてくれるその美しさと、真っ白のシャツに黒のパンツ、びしっとしめたロングのエプロン(なんていうのでしょう?)和食創作のお店だと着物みたいな感じがしますが、そうではなく、そういうゆるさあったかという感じでなく、きりっとした感じが最初に行ったときから好感度でした。
思わず、笑顔です☆

春夏秋冬 醸し人
春夏秋冬 醸し人 地図

住所 〒420-0032 静岡市葵区両替町2-3-4 STビル1階
静岡・両替町通り沿いにある小料理店
電話 054-653-2300
FAX 054-653-2301
営業時間 17:30〜22:00
定休日 不定休
駐車場 なし
客席数 9席(パーティー・宴会 5名まで可 
カウンター席4名 座敷席5名
料理 5250円(7品)〜
予約 電話受付
子連れ 不可
アルコール  日本酒 ワイン ビール 焼酎


posted by hirokatoshiko at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 醸し人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

春夏秋冬 醸し人 初秋の料理

http://www.kamoshibito.com/

一昨日はイタリアンだったが、昨夜は
和食創作料理”春夏秋冬 醸し人”にでかけた!
文ちゃんの誕生日祝いだ・・・おめでとう!

大きい画像が見たい方はこちら

おいしいお気に入りのお店春夏秋冬 醸し人」です。
以下に昨夜の料理を紹介しますね。

初秋の創作料理 
http://behappymom3.seesaa.net/category/5639983-1.html

一部画像の紹介をしますね。
極上近江和牛と生うにの温泉卵
(牛肉の巻物焼き)

牛肉の中身は
うにをたーーーぷりとめねぎ・大葉だ。
それを焼き、温泉卵をかけ、わさびがのせてある。
焼きなので香ばしく、温泉卵のやわらかさもたまらないーーーよだれよだれって感じです。温泉卵も残らずいただく。

20080915191300011.jpg
ご要望があったので詳細を掲載しますね〜

5250円のコース!
お食事内容
 なななななんとステキなおいしい創作料理だろうか!!!!



あやちゃんは車なので、ウーロン茶・・いい感じ
20080915183600055.jpg





私は完熟梅酒をいただく
20080915183700055.jpg
 
    さーいよいよお食事です☆
 

@八寸前菜4品
a/南瓜のスープ(うにを混ぜて、めしあがれ
b/サーモンのマリネ
c/いくらをのせたしめさば(カボスをかけて、ソースが美味ーー)
d/この姿煮・・・すっごくおいしい。

ソースもおいしい(細かくかけなくてごめんなさい)
是非食べにいって確かめてくださいね。  
表現でききれない! 

20080915184300055.jpg 

A椀物
中身がGood☆☆☆☆☆ 器も可愛いですよね。
鳥のスープであんかけ仕立て!(茶碗蒸し系)
最高の蒸し物・・だしをかつおにすると風味が強すぎて、食材の風味が生かされないとマスターのお話です。・・なんと、よくわかる。松茸が大きめにいれてくれてあるのは、サービス精神旺盛。すごいよねー・うれしい。
 20080915185100055.jpg 

20080915185100155.jpg
 
Bお造り
青のりも角に切った赤みも中トロもいける。白身もいい。
 
 20080915185800055.jpg


C極上近江和牛と生うにの温泉卵 (牛肉の巻物焼き)
牛肉の中身はうにをたーーーぷりとめねぎ・大葉だ。それを焼き、温泉卵をかけ、わさびがのせてある。焼きなので香ばしく、温泉卵のやわらかさもたまらないーーーよだれよだれって感じです。温泉卵も残らずいただく。
 
D秋色の焼き物
なんといっても大きな松茸がほっぺたがー落ちルーーー!! 
香りも味もすてきです☆☆☆☆☆  
トマトを焼き、その酸味がまたいい 白子もいくらののったサーモンも畳いわしも完璧! 
横にあるアスパラ主体のお品もいい。 

20080915192800011.jpg



 角度を変えて 
20080915192900055.jpg 



Eお食事
さんまのお茶漬け一夜干しの秋刀魚を焼いて、ご飯に入れて炊いたものとか。秋刀魚がおいしいお茶漬けです。魚の臭みなどまったくなく、こういう食べ方もあるのだなーと思った。(これは前にもいただいたが、新鮮である)青海苔たっぷりで、上品です。うーーん、いいなー↑ ひじきの煮物がさりげなく・・・☆
 
20080915193900055.jpg 


Fデザートイタリアのマゼ・・・忘れた。簡単にいうと、フルーツポンチだそうだ。デザートももちろん自家製なので、美味。りんごもメロンも新鮮たっぷりで満足。

 20080915194900155.jpg

どの料理も手抜きなく、堪能できる。春夏秋冬 醸し人は
やはり”おいしい”大ファンだ☆
 静岡のおいしい店を探して順番に食事にいくが、何度か通っている店ではダントツ。 印象も強く、本当においしいお店です。是非、立ち寄ってほしいものだ。 予約していってくださいねーでも、もしかしたらラッキーなタイミングでカウンターが2つとかあいていたら、当日でもいれてくれますよー。予約が無難です☆


20080915194700055.jpg

200809151954001.jpg
posted by hirokatoshiko at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 醸し人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

春夏秋冬 醸し人 春の料理

2008.04.04(金)の夜19:00予約で、お気に入りの
おいしい和食のお店”春夏秋冬 醸し人にでかけた。

http://www.kamoshibito.com/

友人のK子さんと何年ぶりかにでかけることになった。
二人なので焼津でなく静岡に行こうと、予約をした。
ラッキーなことにお店のカウンターがあいていた!
今日は、春のおいしい料理だった。
やはり旬ということで、たけのこが使われている料理が
多かった気がする。
お酒をおいしくいただいたので、うまく紹介できないかもしれないが画像は撮ってきたので掲載する。

今日もお店のご主人の創作料理が楽しめると心待ちに
でかけてきたのでうきうきだった。
では画像で紹介しますね。
 
お酒は1杯目は生ビール、私は完熟梅酒・にごり梅酒・お薦め梅酒,
友人は冷酒をいただいた。
山形のお酒などをキリットした半合ぴったり入る冷えたグラスに
最初は半合、次は種類を変えて一合、最後は初亀半合をいただいた。

ワインも取り揃えてあるようで、となりに座っていた人はおいしそうに赤ワインをいただいていた。
イタリアのおいしいワインだそうだ。
私はイタリアの赤ワイン、キャンティが好きだ。
前置きがながくなってしまった。
お品書きを今度はもらおうと思う。
籠盛り蛍烏賊をつまんでしまって、あわてて画像に収めた・・失礼!!

旬なたけのこがたまらない。
それに大好きなうには最高!たかの芽も春を感じる  

200804041910000.jpg
 

あんかけ椀かに身もいいね 
200804041925000.jpg
           

お造り新鮮なお魚、青海苔・・やはりお造りはほしい。
200804041946001.jpg

200804041946000.jpg                          



牛肉がちょっとだけ・・充分だ(肉はあきる・・毎回同じ肉を出す店があるが食べたくない)            200804042008000.jpg


子持ちカレイの煮付け立派な子持ちカレイで、味付けはやはり特徴がある。
甘いしょうゆを煮立てたものではなかった。
子持ち・・ほんとたっぷりのおいしいよい食材を使っていると感心!  
200804042024000.jpg
          

お茶漬けいわしの中に明太子がはいって適度に骨があるが問題なく、
これが海苔の茶漬けにはいっている。
この明太子inいわしは絶妙!!
200804042051000.jpg
  
デザート         
200804042117000.jpg   
 

めちゃめちゃな説明でごめんなさい。&間違っていたらごめんなさい。
深夜で眠いため、後で再構築します。

とにかくいってみるがよい。この料理で5250円・・すてきだ。
人には通常、お気に入りは教えないが、このお店は皆に教えている。
たくさん食べにいってほしい。

苦手なものはありますかと聞いていただき、対応していただける配慮もすごい。
前回、生ものがだめな人のために、別な料理をだしてくれた。
その配慮もうれしい。残念ながら嫌いなものはない。
おいしかった。
posted by hirokatoshiko at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 醸し人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

春夏秋冬 醸し人 初夏の料理

今夜のおいしいお店は「春夏秋冬 醸し人」 
お店は静岡県静岡市葵区両替町2-3-4STビル1階 (要予約)コース料理
TEL.054-653-2300

営業時間 
営業 (平日)   17:30〜22:00
   (日曜・祝日) 17:30〜21:00

今夜のコース料理は5250円 コースはいろいろですが、どのコースも超おいしい!!の連発なり☆☆☆☆☆

マスターの腕にかかる創作料理は目にも美しく、料理も超一流だと感じる。
とにかくうならせる。笑顔がいっぱい
お料理をいただきながら、今日は完熟梅酒やにごり梅酒をいただいた。超おいしい。

今夜は突然、出かけたくなり、お店に電話を入れた。
おーーー!!ラッキーなことに、カウンターが開いていた。
予約し、会社から帰り、飲みたいから車はおいてバスに乗り、出かける。

娘のhiroと二人で。。。
とってもいい時間が過ごせた。また、行きたい。。

今日の料理(お品書き)
旬の食材を取り入れた季節のコース 
5250円/7品(税込み)----毎月変わるのかな。

八寸:日替わりの4品
<とうもろこしのすり流しなど>
image130.jpg

八寸の一品(紫陽花をイメージしている)
image109.jpg

お椀
蒸し鮑の小茶碗
image038.jpg

お造り
市場より旬の素材厳選
image105.jpg


煮物
加茂茄子の吹き寄せ・フカヒレ餡掛け

image141.jpg

焼物
和牛サーロインと生雲丹のグリル・特製ソース
image142.jpg
食事〜穴子と炒りカラスミの飯蒸し(画像ナシ)

デザート:抹茶と小豆のムース
image140.jpg
posted by hirokatoshiko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 醸し人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク サプライズプレゼント.fufu