最近の記事

2010年07月26日

ベンチャーズ・ジャパンツアー2010

ベンチャーズ ジャパンツアー 
大井川文化会館(ミュージコ)で開催!


昨日(25日)16時〜ベンチャーズ ジャパンツアーが大井川文化会館で開催された。

主な演奏曲目は
ダイアモンドヘッド パイプライン 10番街のエリー ウォーク・ドンド・ラン 雨の御堂筋 2人の銀座 京都の恋 京都慕情 キャラヴァン ハワイ・ファイヴ・オー 朝日のあたる家 他

印象はやはり歳をとったという感じだった。

すごかったのはドラムの迫力。タフですね〜
エレキギターから流れる有名な曲に客はわいていた。
エレキが流行ったのはベンチャーズが売れ出したころからだ。


休憩を入れ、約2時間楽しませてもらった。
Japan Tour 2010

会場をさっとたち、帰路に着く。
駐車場が混み合うのに、遭遇したくなかったので、いそいで会場をでた。

THE VENTJRES ベンチャーズ
posted by hirokatoshiko at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント 芸能 NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

トリノ王立歌劇場 初来日公演

トリノ王立歌劇場 
2009年夏 初来日公演
SPECIAL EDITION

オペラファンを騒がすトリノ王立歌劇場・・・
フランスとの国境沿いにあるトリノはイタリアでありながらイタリアでないとは・・・


TEATRO REGIO TORINO

Webマガジン「クレディセゾン・プレス」で、初来日公演の徹底ガイド」を特集!!
こちらから

オペラはイタリア人の心。人生そのものだ」という人物・・

オペラファン必見!!

posted by hirokatoshiko at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント 芸能 NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

吉田兄弟 三味線公演

 吉田兄弟 三味線公演(コンサート)9/5

行って来ました。
5時半会場、6時開演
焼津市民会館 大ホール

三味線公演を聴いたのは、初めてだった。

三味線の澄んだ音は拍子木をたたいているような、カスタネットをたたいているような、もっと高温なそんな感じでした。

お兄ちゃんの演奏は、やわらかくばちでたたくような音ばかりではなく、三味の弦のかなでる音を大事にしているような感じでした。しかも強さもあった。

弟はリズムを先にとってから作曲をしているとのことで、つよくたくましい感じがした。


どちらもバチを持つ手のしなやかさと、弦をつまびく指先の華麗な動きとそこから奏でる音は、聴く人の気持ちを盛り上げてくれました。

最後の津軽じょんがら節は15分間の演奏でした。

アンコールにこたえてくれ、2曲目はマイクを通さない三味線の素の音を聞かせてくれました。

拍手の渦の中、演奏は終了した。

海外に行くことが多く、1年の1/3を過ごすこともあるようだ。

2002年から学校の授業で、和楽器を演奏するという学科ができ、当時は学校周りをたくさんやっていたそうな。

今はまた、学校周りの活動もやっているとのことでした。
演奏の体験もできるらしい。

三味線だけの演奏は久しぶりとの話でした。

今年は10周年と大きく羽ばたく年になりそうだ。
posted by hirokatoshiko at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント 芸能 NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

がーまるちょば

2009.03.15(日)観てきました。

GAMARJOBAT SILENT COMEDY JAPAN TOUR 2009
がーまるちょばは、日本ツアー縦断中です!


がーまるSHOWはいきおいがあり、観客をひきつけた。
ライブ感を味わえる。
通の方はやはり街の灯だろうか?
こちらはストリートショーだ。


観終わったときにふと、チャップリンのことが頭によぎった。
似ている・・いえ・・そういうことではないかも・・・ちゃっぷりんが浮かんだ。マジにそう感じた。


あとでパンフをみたらやはり、チャップリンのことが書かれていた。
『あの偉大な「街の灯」の冒頭には『A COMEDY ROMANCE IN PANTOMAME』とタイトルのあとにしっかり映し出される・・それは見えない壁や綱引きなんてでてこない・・言葉ではなく、「街の灯」の映像からうけとる感動こそパントマイムだと・・』

いやー見てない人にこれだけの説明で彼らを受け止めるには、きついことであると思う。
是非、会場で彼らのパントマイムを・・

私はチャップリンの「街の灯」はまったく記憶がない。知らない。そういえばタイトルは、今思えば聞いたことがあると思ったがその程度だ。


それでも、チャップリンが思い浮かんだことに、彼らの不思議があるのだろう。


簡単にがーまるちょばを紹介しておこう。

ケッチ!とHIRO−PONからなる2人組みだ。
パントマイムのソリストとして活躍していた赤モヒカンケッチ!と黄色モヒカンHIRO−PONがであって1999年に結成!・・がーまるちょば・・サイレントコメディー・デュオ。


グルジア語で「がーまるちょば」はこんにちはという・・グルジア語・・どこグルジアって????


23カ国で150以上にのぼるフェイスティバルなどに招待され公演している。



海外ツアーが多く、Japan tourのあとはニューヨーク公演!
2009.05.07-05.24


がーまるちょばの主な受賞
2004 日テレARTDAIDOGEI グランプリ受賞
2004 エジンバラ・フェスティバル・フリンジ(イギリス) 
     ダブルアクトアワード受賞
2005 エジンバラ・フェスティバル・フリンジ(イギリス) 
     タップウォーターアワード受賞
2006 ブライトン・フェスティバル・フリンジ(イギリス)
     ベストインターナショナルアクトアワード受賞
2007 ブライトン・フェスティバル・フリンジ(イギリス)
     アーガスエンジェルアワード受賞



がーまるちょばがオープニングで使っている曲
Rock your city tonight!
エンディングは
Sell out


世界的に有名になったがーまるちゃば、結成10年!


静岡の人の前での公演はたいへんだろう・・
魅入って、拍手のタイミングをのがすというか、おっとり観ている。
私もその一人、ここだろうという感動を味わいながら魅入っている。

確かにライブはテンポもあり魅入るし、パントマイムのテンポで大盛り上がりになる。


じっくりみる「街の灯」・・細かい芸だ。これぞパントマイムというのだろう・・観かたによっては難しい世界だ。しかし、不思議な世界だ・・笑いだけでないパントマイム・・頭をよぎったチャップリン・・チャップリンのあの風貌とは大違いのがーまるちょばであるが、彼らのライブだけでないパントマイムを観ずに語れないものがある。


静岡今日を皮切りに三箇所、あとは各地方に・・
最終Japan tourは東京めぐろのパーシモホール・大ホールの追加公演で終了です。
2009.04.30


よくぞチケットが取れたと・・
立見席のチケットを購入して入場されている方も多かった。
もちろん予約。

posted by hirokatoshiko at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント 芸能 NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

マリーンライブ 藤枝


マリーンのライブに行ってきました。

日程:2月9日(月)
場所:リストランテジェノバ(藤枝駅南口アピタの裏)
会費:ミュージックチャージ7,000円 食事代は別

http://web.thn.jp/genova/page005.html


リストランテジェノバ

<スケジュール>
開場:18:00
ライブ開始:19:30頃

18:30にお店に着くように、家から、早足で歩いて16分、安倍川駅から電車に乗って14分、藤枝駅に着く。そこからは歩いて2分でお店に着く。

偶然にも先輩のk村さんに入り口で出会い、私たちは3人の予定でしたが、4人で同じ席にしていただき楽しんだ。

お仕事の関係で全員があつまったのは、19時20分ごろであった。

★詳細画像はこちらから★

生ビールを1杯
チーズピザをいただく。

次はワイン赤のフルボトルを頼んだ・・飲みやすいが私の好みではない。
プレートにのった5種類の料理が楽しめるものを頼んだ。
4種は同じだが、ハンバーグかビーフシチューの違いで1375円だったと思う。

DSC00720s.JPG
食べた途中の画像ですみません。
サーモンのマリネを食べ初めてしまった。


料理がおいしいと聞いていたが、確かにおいしい。
ビーフシチュー最高!


赤ワインの2本目はイタリアのキャンティーを選んだ。
すごーーいおいしい。もともとキャンティー大好きmom.なので、値段は最初のより倍くらいしたが、ワイン代はおごるからとこちらにしていただいて正解!

渋みがあり、おいしい。
生ハムやチーズをいただきながら、楽しんだ。

赤は重めの渋いワインが好きだ。

マリーンのライブは撮影禁止なので、残念ながら画像はない。
始まる前のドラムとピアノです。



会場には50人はいなかったと思う。
7000円のミュージックチャージで、これが楽しめるってうれしかったです☆
目の前で、歌うマリーンは素敵でした。
迫力があり、Good!
よくこの人数できてくれるなーと思う。
さすがジェノバ!

私はしらないがミュージシャンの方も数名参加されていたようだ。

マリーンのライブ詳細は書かないが、(是非、チャンスがあったら聴きにいってください)アンコールで「ニューヨーク・ニューヨーク」を熱唱してくれた。会場は大盛り上がりだった。一番前にいたので、帰るときに一緒にいった友人が握手をもとめたので、便乗した。ほそい指だった。

もちろん、体も細い。
顔は私の半分くらいだと思った。

11月だったか、日野皓正がきた。
この会場に今日の倍以上の人が集まったようだ。
いきたかった。

さすがジェノバ。
また行きたい☆

ピアノのソバの一番前に座ったのでピアノを弾く指先がカレイで小刻みに動くところまでも、見逃さなかった。感激だった。若くきれいな色白の青年だった。

もともとピアノ演奏は好きだったので、いい感じで聴いていた。
ジャズは最近、じっくり聴くことはなかったが、そう、お店などで流れるジャズをなにげに聴いたことはあるが、しっかり聴いたのは久しぶりだった。昔の知り合いにジャズの好きな人がいて、ジャズを聴きにいったことがあるが、ほんと久しぶりだった。

マリーン
1月4日生まれ/やぎ座/フィリピン出身/B型


★詳細画像はこちらから★

posted by hirokatoshiko at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント 芸能 NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク サプライズプレゼント.fufu